no title

元グラビアアイドルで、現在は保育カウンセラーとして活躍する小阪有花さん(旧芸名:小阪由佳)が、久しぶりのグラビア挑戦を報告した。 

小阪さんは26日、約2年9カ月ぶりにブログを更新。 
「平成最期の悪あがき」として、「今回、週刊ポストの、グラビアに挑戦!約7年ぶり?の登場させていただきました!」と報告した。 

ただ本格的なグラビア復帰ではなく、誌面では保育について語るという。 
ブログで保育のことを発信していなかった理由は「保育の道にすすんでからというもの、毎日日々追われていたのもありますが、なにより、立場的に保育の事を語りにくい場所にいたことが理由でもあります」と説明。 
「プライベートのことと言っても、ほんとに保育のことしか頭になかったので、話すネタも全くなかったのが、お恥ずかしながら、事実です」とつづった。 

そこへ「自分の中に、変化や気づきや疑問やひらめき、などさまざまな感情があふれるなかそれを抱えて前にすすむ出来事がつい最近、訪れたので」とグラビア挑戦を決意。 
さらに「子どもたちの心に寄り添える絵本をつくりたい」とクラウドファンディングを開始したことも告知し、「こんな、いきなりでてきてなんだよ。と思われてしまうかもしれませんが、誠心誠意、真心をもって活動していきたいと日々精進しておりますので、引き続き、よろしくおねがいいたします!」と呼び掛けた。 

小阪さんは2004年に「ミスマガジン」グランプリを受賞し、バラエティー番組などでも活躍したが、09年に芸能界を引退。 
15年には千葉県市原市に保育園を設立し、話題となった。 


小阪有花さん(旧芸名:小阪由佳) 
no title



グラドル時代 
no title

no title

no title

no title